Pidgin

(作成:2011/03)

個人間やりとりといえばメール、複数人やりとりといえば会議室。そのあたりをガツンと混ぜ込んで、よりリアルタイムにしたのがメッセンジャー……と考えれば良いかな。昔は電話やWebチャットで盛り上がった頃もあってなぁ……(遠い目
まあそんな事はどうでも良いとして。Ubuntuでも色々なメッセンジャーが使える。

Pidgin

複数のメッセンジャー・アカウントを統合できるIMクライアント。Windows版もあるので、複数アカ持ってる人はこれ使うと良いかも。

# apt-get install pidgin
# pidgin

有名所では下記IMあたりが統合できる。
Google Talk
Yahoo! メッセンジャー
Windows Live メッセンジャー
ICQ

アカウント持っていればアカウント名とパスワード登録して、他の設定はそのまま利用できる。
たまにメッセンジャー提供元で仕様変更が発生してログインできなくなる事もあるけれど、そうした時は躍起になって設定変更して無理にログインしようとせず、Pidgin側のUpdateを待つほうが良いかも知れない。デフォルト値を変更して良い目を見た事はあまり無いので……

Skype

残念ながらPidginだけではSkype網羅できない。というわけでこいつは単品でインストールする必要がある。

apt-lineに追加。

# vi /etc/apt/source.list.d/skype.list
 deb http://download.skype.com/linux/repos/debian/ stable non-free

Skype install。QT関連のpackageが幾つか必要。

# apt-get install libqt4-dbus libqt4-network libqtcore4 libqtgui4 libqt4-xml libaudio2 libmng1 skype
# skype

あらかじめSkypeのサイトでアカウントを取得しておいてから Skype名 パスワード を入力して サインイン
最初の頃はInternet Telephonyなのかなって思っていたけれど普通にメッセやチャットもできるので驚いた。便利だなぅ。

完全な統合じゃないけれど、Pidginと連携するためのPlug-inもある。折角なのでこいつも。

# apt-get install pidgin-skype

んでもってPidginを再起動。 アカウントの管理追加 から プロトコル を見ると Skype が増えているので、こいつを選択して後は ユーザ名 にSkype IDを指定して有効化。
Skypeも別途起動しとかないと使えないけれど、オンライン確認とメッセだけならこれでPidginに統合できる。まあ無いよりマシって感じかしらん。